銀行でお金を借りる方法 銀行の取扱いローン商品の種類を知っておこう
ファイナンシャルプランナーはお金についての専門知識を持ち、相談を受けた家庭の家計についてアドバイスをする職業です。家族構成、現在の収入や支出の状況、ライフスタイル、住宅や自家用車の購入といった大きな買い物の計画といった情報から、今後必要となるお金を計算し、図表などのわかりやすい形にして示すとともに、将来にわたって金銭的に困ることのないように家計の見直し案や貯金法などを提案します。

このファイナンシャルプランナーが家計の状況を現在から将来にかけて把握するために作成するのがライフイベント表やキャッシュフロー表です。キャッシュフロー表には相談者家族の将来までの収入と支出の予測がグラフ等で示され、プラス・マイナスが表されます。家計が一時的なマイナスに陥ってしまった場合、それがあくまで一時的なものであるのならば借り入れをしてしのぐという選択肢も有効です。もちろん慢性的に家計がマイナスである場合には、根本的な解決策が必要です。しかし家計が赤字になってしまう理由や期間が経過すれば解消されることが明らかである場合には、しかるべきところから借り入れを行い、しっかりと返済していくという方法をとることも、無理をするより家計を安定させる効果があるといえます。

一昔前までは個人向けに金銭の貸し付けを行っているところといえば消費者金融で、高い金利を支払って借り入れる必要がありました。しかし現在では銀行などが個人向けの貸し付け業務を積極的にすすめており、低い金利で安全に借り入れを行うことができるようになってきています。

とは言うものの借金をする以上、きちんと考え、利用する金融機関も慎重に選ぶ必要があります。とくに使う目的を問われないカードローンは安易に使うと、返済できなくなったり毎月の返済額を捻出するために新たに借り入れを行う多重債務に陥ってしまったりする危険があります。銀行でお金を借りることは比較的安全というイメージがありますが、返済方法などについてもよく知って使うことが大切です。

総量規制の導入により、主婦・専業主婦の方が一般の消費者金融では、お金を借りづらくなりましたが、総量規制は銀行でお金を借りる分に関しては対象外となっています。なので、主婦・専業主婦の方は銀行でお金を借りるようにするといいですよ。※参考サイト:専業主婦が借入OKなカードローン
HOME

住宅ローン

教育ローン

マイカーローン

おまとめローン

フリーローン

事業者向けローン

不妊治療関連ローン

介護ローン

その他

Copyright (C) 銀行でお金を借りる方法 銀行の取扱いローン商品の種類を知っておこう All Rights Reserved